真田丸第6話あらすじ・ネタバレその2

昌幸が一益に光秀追討を迫る一方で、安土から信濃へと帰国する最中だった信繁たちは、信濃を前に、北信濃で追われていた森長可を護送して信濃を通過しようとしていた出浦昌相たちと出くわした。北信濃の国衆たちは、森長可から離れたのだが、透破を自負する出浦だけは、一度家臣になったからには、最後まで尽くす透破の流儀を貫こうとしていた。

 

※透破とは簡単にいうと忍者、スパイのことである。センテンス・スプリングが得意なすっぱ抜くはここからきている。

 

信繁が安土から信濃に向かう中、昌幸は室賀正武ら小県の国衆を集めて、滝川一益に協力することになったことを報告した。しかし、以前の軍議で上杉家に心中することを宣言した矢先のことだっため、昌幸の風見鶏のような姿勢に室賀は反発した。

 

そんな室賀は、北信濃の国衆立ちが一斉に織田家への反旗を翻したことを挙げ、織田家を追い出すチャンスが来たとして、他の国衆にも、信濃を取り戻そうと、決起を促したのだった

 

室賀をはじめ、国衆は一益をまず追い出し、その語、北条家の傘下に入ることで意見を一にしていた、北条氏直は武田信玄の孫にあたり、これまで武田家、武田信玄に仕えていた国衆たちからすると、織田家の影響がなくなった後、新しい主君として相応良いと考えられた存在だった。

国衆立ちの意見を受け、昌幸も北条に味方することに同調する。昌幸の長子信幸は、簡単に意見を変える昌幸の意図がまったくわからなかった。しかし、昌幸は、一益と北条家をしばらく天秤にかけて、どちらに肩入れするのがとくか、様子を見ようとしていたのだった。

スポンサードリンク

 

様子を見る一方で、昌幸は、弟に信尹を北条家に派遣する。信尹は、真田家の対外交渉厄を引き受け、上杉家や、北条家との折衝を一任されていた。

 

信尹が向かった北条家の拠点、小田原城の主は、2年前に家督を譲られた北条氏直だった。とはいえ、依然として実権は父の氏政が握っていたのだった、信尹が到着した時、氏政は信長の訃報を知った直後であった。氏政は信尹を迎え、昌幸が頭を下げれば迎え入れるという寛大な姿勢と示したが、同時に真田家の不義理について皮肉も言っていた。

氏政に信尹が伝えたのは、「滝川一益が光秀討伐に西進している間は軍事行動をしないで欲しい」ということだった。もちろん昌幸からの要望である。

北条家は織田家と約定を交わしていた。そのため攻めこむことはないはずだった。しかし時は戦国、誰もが食うか食われるかの弱肉強食の世界、片時も油断できないと考えた昌幸からの念押しだった。

 

この要請を承諾した氏政は、約定を交わしたとはいえそこは駿河の実力者、表向き一益に留守中に上野信濃に侵攻しない旨の書状を送り、安心させつつも、息子氏直には、盟約を結んだ織田家の不幸に乗じて領土を奪うのは武士のすることではないが、戦国の世では敵を油断させるのが兵法だと、語るのだった。光秀問題の結果が出たら、まずは上野、そこから信濃に侵攻するべし、と氏政は戦準備にとりかかるのだった。

 

浜松城の家康は、光秀を打ちに行くでもなく、北条家との一戦に協力するよう促す一益の援軍要請もかわし、生きる道を探っていたのだった。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です